活字とうたの日々は...

音楽系陰男子のエッセイ

クレイジーキャッツと星野源

星野源がカバーしている曲で、クレージーキャッツのスーダラ節という曲がある。

植木等 「スーダラ節」

クレージーキャッツは、60年代に活躍したコミックバンドだ。
そして、なんといってもスーダラ節はクレージーキャッツの代表曲と言えるだろう。


"わかっちゃいるけどやめられない"


誰しもが持っている人間の性である。
僕はこれを初めて聴いた時、"なんて人間的なのだろう"と思ったし、それを真面目におもしろおかしく歌ってる植木等さんを見て、とても好きになった。



しかし、この曲に異を唱えた人物が一人いる。
それは植木等、そう本人である。


植木等さんをこれを聴いた時、自分の目指していた音楽とは程遠いものだと非常に怒ったそうだ。
だが、この曲を持ち帰って浄土真宗の住職である父に聴かせたところ、こんな答えが返ってきたらしい。

"この曲は親鸞の教えそのものだ。是非ともやりなさい"

父によって見事に丸め込まれた植木が昭和の大スターであり名コメディアンとして活躍するのは、また後の話である。



ここに他のクレージーキャッツの代表曲も貼っておくので是非とも聴いてほしい。


植木等   だまって俺について来い 1964



植木等 "ハイそれまでョ" (1962, Toshiba EMI, Japan)



植木等 無責任一代男


星野源


星野源さんは、クレージーキャッツ好きを公言していて、前述したようにスーダラ節もカバーしている。

そんな星野源さんが、クレージーキャッツに対して書いた曲がこれだ。

星野 源 - Crazy Crazy/桜の森 【MUSIC VIDEO & 特典DVD予告編】

Crazy Crazyである。
まず曲名に"crazy"と入っているし、MVもクレージーキャッツと似た雰囲気をしている。

そして何よりもこの曲の歌詞に注目してほしい。
なんと歌詞の所々にクレージーキャッツのメンバーがいるのだ。
"おはよう始めよう"のはじめ=ハナ肇
"等しいものは"の等しい=植木等
"谷を渡れ"の谷=谷啓
といった感じだ。

こうしてみると、ただ良い曲だなぁと思って聴いていたものがとても面白くなる。


もしこの記事を見て興味を持ったら、是非ともここに載ってる曲以外のクレージーキャッツの曲も聴いてみてほしい。
きっとあなたもクレージーキャッツの虜になるはずである。



ちなみに星野源が歌を歌ってるACジャパンのCMに、植木等さんが映像で出ていて共演的なことを果たしているのでこちらも是非。(8秒辺りに出てくる方が植木等さん。)

ライバルは、1964年 (全国キャンペーン)